中級者

2色のトリュフのレシピ

2色のトリュフ

印刷する
2色のトリュフ

調理時間

60分(冷蔵庫で冷やし固める時間はのぞく)

賞味期限

冷蔵庫で約3〜4日

このレシピのポイントはこココ!

ラム酒やコアントローを風味づけに使い、香りにアクセントをつけました。リキュールは最後に加えるのが豊かな香りを残すコツ。おいしさはどちらもバツグンですが、抹茶パウダーで仕上げるとさらに大人好みの味に。

使用するチョコレート

  • ミルクチョコレート
  • ホワイトチョコレート

材料(各15〜20個)

  • ラム酒のトリュフ

  • 明治ミルクチョコレート:3枚(150g)
  • 明治北海道十勝純乳脂45(生クリーム):80cc
  • ラム酒:小さじ1
  • コーティング用(作りやすい量)

  • 明治ミルクチョコレート:2枚(100g)
  • ピュアココア:適量
  • 抹茶のトリュフ

  • 明治ホワイトチョコレート:4枚(160g)
  • 明治北海道十勝純乳脂45(生クリーム):80cc
  • コアントロー(お好みで):小さじ1
  • コーティング用(作りやすい量)

  • 明治ホワイトチョコレート:2枚(80g)
  • 抹茶:適量

道具:

  • スケール(はかり)
  • 計量カップ
  • 計量スプーン
  • 包丁
  • まな板
  • ボウル
  • 丸口金(直径1.5cm)
  • 絞り袋
  • 泡立て器
  • ゴムべら
  • オーブンシート
  • バット
作り方 基本のテクニック

ラム酒のトリュフも抹茶のトリュフも作り方は同じです。

 

下準備

 

チョコレートはそれぞれ細かく刻み、ボウルに入れておく。

チョコの刻み方

絞り袋に丸口金(直径1.5cm)をセットしておく。

 

ガナッシュを作る

 

1.生クリームを鍋に入れ中火にかけ沸騰直前まで温め、刻んだチョコレートを入れたボウルに注ぐ。泡立て器で混ぜ合わせてチョコレートを溶かし、なめらかなクリーム状にする。

ガナッシュ

2.リキュール(ラム酒コアントロー(お好みで))を加え、混ぜ合わせたらそのまま涼しいところに置き、ときどきゴムべらでかき混ぜながら、ポテっと落ちていく固さになるまで冷やす。

 

ガナッシュを丸める

 

1.丸口金をセットした絞り袋にガナッシュを入れ、オーブンシートを敷いたまな板などの上に棒状に太さを均一に絞り出す。
絞り袋がない場合は、スプーンを使ってトリュフを1個分ずつオーブンシートの上に落とす。

 

2.そのまま冷蔵庫で15〜30分冷やす。

 

3.冷蔵庫で冷やしたガナッシュを、包丁で大きさをそろえて切る。
※切りにくい場合は、包丁を湯で温めて熱で溶かすようにして切るとよい。

 

4.切ったガナッシュを、手のひらで団子状に丸める。
※手が温かすぎると、どんどん溶けていくので、手は冷水などにつけて冷やしておく。

 

コーティングする

 

1.細かく刻んだチョコレートをボウルに入れ、約50〜55℃のお湯で湯せんにかけて溶かす。

湯せん

2.手のひらに溶かしたチョコレートをつけ、丸めたガナッシュの表面をチョコレートでコーティングするように、コロコロと転がす。

コーティング

3.コーティングしたガナッシュを、バットに入れたココア(または抹茶)の中で転がして、表面にまぶしつける。

 
077ページトップ