初級者

ニューヨーク風チーズケーキのレシピ

ニューヨーク風チーズケーキ

印刷する
ニューヨーク風チーズケーキ

調理時間

40分(冷蔵庫で冷やし固める時間はのぞく)

賞味期限

冷蔵庫で約2日

このレシピのポイントはこココ!

ニューヨークチーズケーキとは、半分以上がクリームチーズでできているチーズケーキのこと。本来は焼いたものをいいますが、ここでは手軽にゼラチンで固めてみました。チョコレート風味のチーズが土台のビスケットと絶妙にマッチします。

使用するチョコレート

  • ブラックチョコレート

材料(直径18cmの丸型1台分)

  • 土台

  • 明治マクビティダイジェスティブビスケット:9枚
  • 明治北海道バター食塩不使用:40g
  • フィリング

  • 明治ブラックチョコレート:3枚(150g)
  • 粉ゼラチン:5g
  • 水:大さじ2
  • クリームチーズ:400g
  • 上白糖:40g
  • 明治北海道十勝純乳脂45(生クリーム):300cc
  • 仕上げ用

  • 明治マクビティダイジェスティブビスケット:4〜5枚

道具:

  • スケール(はかり)
  • 計量カップ
  • 包丁
  • まな板
  • ボウル
  • ゴムべら
  • ビニール袋
  • めん棒
  • 泡立て器
  • 丸型(直径18cmで底が抜けるタイプ)
  • スプーン
  • 万能こし器
作り方 基本のテクニック

下準備

 

チョコレートは細かく刻み、ボウルに入れ、約50〜55℃のお湯で湯せんにかけて溶かしておく。

チョコの刻み方 湯せん

仕上げ用、土台用の明治マクビティビスケットはそれぞれビニール袋に入れ、めん棒などで粉状に砕いておく。

 

バター湯せんして溶かしておく。

 

クリームチーズは室温に戻してやわらかくしておく。

 

ゼラチンは水と合わせてふやかしておく。

 

生クリームは泡立て器で六分立てにして、冷蔵庫に入れておく。

 

土台を作る

 

1.溶かしバターを入れたボウルに砕いた明治マクビティビスケットを入れ、ゴムべらで混ぜ全体をなじませる。

 

2.「1」を型の底に敷き、スプーンの背などで押しつけて型にまんべんなく敷く。

 

フィリングを作る

 

1.ボウルにやわらかくしたクリームチーズ上白糖を入れ、泡立て器でなめらかなクリーム状にする。

 

2.ふやかした粉ゼラチンに「1」を大さじ3〜4加え、湯せんをして溶かし、再び「1」のボウルに戻し手早く混ぜ合わせたら万能こし器を通してこす。

 

3.「2」に溶かしたチョコレートを加え、泡立て器でムラなく合わせたら次に六分立ての生クリームも加えよく混ぜ合せる。

 

仕上げ

 

1.明治マクビティビスケットを敷いた型にフィリングを流し、冷蔵庫で約2時間冷やし固める。

 

2.型から抜いてまわりに粗く砕いた仕上げ用の明治マクビティビスケットをつける。

 
131ページトップ