印刷する

基本の生チョコ

ブラックチョコレート ミルクチョコレート
調理時間 40分(冷凍庫で冷やし固める時間はのぞく) 賞味期限 冷蔵庫で約4日
初めて作る人 基本の生チョコ
このレシピのポイントはココ!

本格的な生チョコも意外と簡単に作れます。ガナッシュを作って型に流して冷やすだけ。とろける食感味わってください。

材料

(14.5×11.5cmバット1台分・約2×2cmで約24個分)

明治ミルクチョコレート:5枚(250g)
明治北海道十勝純乳脂45または生クリーム:100cc
ピュアココア:適量
※チョコレートは明治ブラックチョコレートでも作れます。

道具

・計量カップ
・包丁
・まな板
・ボウル
・ゴムべら
・バット(14.5×11.5cm)
・オーブンシート
・鍋
・泡立て器
・茶こし

作り方

下準備


チョコレートは細かく刻んでボウルに入れておく。


バットにオーブンシートを敷いておく。


生チョコを作る

1.

生クリームを鍋に入れ、中火にかけ沸騰直前まで温める。刻んだチョコレートを入れたボウルに一気に注ぎ、湯気が出なくなるまで待ち、泡立て器で混ぜ合わせる。チョコレートが完全に溶けてなめらかなクリーム状になるまで混ぜる。

2.

オーブンシートを敷いたバットに「1」を流し入れ、表面を平らにして冷凍庫で1時間冷やし固める。(バットをテーブルなどにトントンと軽く打ちつけるようにすると表面が滑らかになります。)

3.

バットからはずし、オーブンシートをはがす。温めた包丁で、4辺の斜めになった部分を切り落とし、好みの大きさにカットする。
※生チョコを入れる箱やあげる人数に合わせて好みの大きさにカットするとよい。

4.

バットに茶こしでココアをふり、「3」を入れ、茶こしで上からも全面にココアをまぶしつける。

印刷する 閉じる