洋なしとチョコレートのムース

難易度★★

洋なしとチョコレートのムース

使用するチョコレート

  • ミルクチョコレート

調理時間

60分(冷蔵庫で冷やし固める時間はのぞく)

賞味期限

冷蔵庫で約2〜3日

このレシピのポイントはココ!

洋なしとチョコレートの組み合わせは、ヨーロッパで秋を感じさせるコンビネーションとして人気があるのだとか。セルクル型がない場合は大きめの容器で冷やし固め、ざっくりとすくって器に盛りつけるのがおすすめです。

20×20cmの四角セルクル型1台分

土台

  • 明治マクビティダイジェスティブビスケット:12枚
  • 明治北海道バター食塩不使用:60g

チョコレートムース

  • 明治ミルクチョコレート:1枚(50g)
  • 粉ゼラチン:5g
  • 水:25cc
  • 卵黄:2個分
  • ぬるま湯:20cc
  • 上白糖:40g
  • 明治北海道十勝純乳脂45または生クリーム:130cc
  • 卵白:2個分
  • 洋なしの缶詰:1缶
  • 洋なしのブランデー(お好みで):大さじ1と1/2

飾り用

  • 洋なしの缶詰:適量
  • ホイップクリーム:適量
  • スケール(はかり)
  • 計量カップ
  • 計量スプーン
  • 包丁
  • まな板
  • ボウル
  • ゴムべら
  • ビニール袋
  • めん棒
  • 泡立て器
  • バット
  • 四角セルクル型(20×20cm)
  • ハンドミキサー

下準備

  • 卵白は冷蔵庫に入れて冷やしておく(メレンゲを作るとき泡が立ちやすくしっかり立つ)。
  • 明治マクビティビスケットはビニール袋に入れ、めん棒などで細かく砕いておく。
  • バター湯せんして溶かしておく。
  • ムース用の洋なしの缶詰は粗く刻み、洋なしのブランデー(お好みで)をふりかけておく。
  • 飾り用洋なしの缶詰は、好みの大きさにカットしておく。
  • 生クリームは泡立て器で六分立てにして冷蔵庫に入れておく。
  • ゼラチンは分量の水でふやかしておく。

土台を作る

01

細かく砕いた明治マクビティビスケットに溶かしたバターを加え、ゴムべらでムラなく合わせたら、バットの上にセルクル型を置き、底に厚さを均一に敷き詰め、使う直前まで冷蔵庫に入れておく。

チョコレートムースを作る

01

粗く刻んだ洋なしを型の底に敷く。

02

ふやかした粉ゼラチン湯せんで溶かす。

03

ボウルに卵黄と上白糖(20g)とぬるま湯を入れ、ハンドミキサーで重たく白っぽくなるまで泡立てる。

04

チョコレートは細かく刻み、ボウルに入れ、約50〜55℃のお湯で湯せんにかけて溶かす。

05

溶かしたらチョコレートを加えてハンドミキサーで混ぜたら、「2」のゼラチンも加えて混ぜる。

06

別のボウルに卵白と上白糖(20g)をボウルに入れ、ハンドミキサーでしっかりとしたメレンゲを作る。

07

「4」のボウルに六分立てにした生クリームを加えムラなく混ぜ合わせたら、「5」のメレンゲも加え、ゴムべらでさっくりと混ぜ合わせる。

08

土台を敷き詰めた型に流し入れ、表面を平らにならしたら、冷蔵庫で約2時間冷やし固める。

09

固まったら型から抜き、好みの大きさにカットする。

10

ホイップクリームとカットした洋なしの缶詰で飾る。

セルクル型がない場合は、大きめの保存容器などに作り、ざっくりとすくって器に盛ってもよい。

このレシピで使う基本のテクニック

このページのトップへ

このページの最下部へ