印刷する

クラシックチョコレートケーキ

ブラックチョコレート
調理時間 90分(あら熱をとる、冷蔵庫で冷やし固める時間はのぞく) 賞味期限 冷蔵庫で約2日
中級者 クラシックチョコレートケーキ
このレシピのポイントはココ!

オーソドックスなチョコレートケーキを焼いて、グラッサージュショコラでコーティングしました。シックでつややかな仕上がりはまさに大人向けの極上スイーツ。ひとくち食べるごとにチョコレートの豊潤な香りが口の中で広がります。

材料

(直径15cm丸型1台分)

スポンジケーキ
ピュアココア:10g
卵:3個
上白糖:90g
薄力粉:80g
明治北海道バター食塩不使用:20g
※バターは明治ケーキマーガリンでも代用できます。

シロップ
上白糖:50g
水:100cc
グランマルニエ(お好みで):大さじ1

チョコホイップクリーム
明治ブラックチョコレート:4と1/2枚(225g)
明治北海道十勝純乳脂または生クリーム:250cc

グラッサージュショコラ(作りやすい量)
明治ブラックチョコレート:2枚(100g)
ピュアココア:20g
グラニュー糖:50g
水:50cc
明治北海道十勝純乳脂または生クリーム:130cc
サラダオイル:20cc

道具

・スケール(はかり)
・計量カップ
・計量スプーン
・丸型(直径15cm)
・オーブンシート
・ボウル
・オーブン
・包丁
・まな板
・ゴムべら
・ハンドミキサー
・ふるい
・鍋
・回転台
・ハケ
・パレットナイフ
・茶こし
・ケーキクーラー
・バット

作り方

下準備


型にはオーブンシートを敷いておく。


バターは湯せんして溶かしておく。


オーブンは180℃に予熱しておく。


チョコホイップクリーム用のチョコレートとグラッサージュショコラ用のチョコレートはそれぞれ細かく刻み、ボウルに入れておく。


スポンジケーキを焼く

1.

ボウルに上白糖と卵を割り入れ、ハンドミキサーで白っぽくなるまでかき混ぜる。

2.

生地が十分にふんわりとしてミキサーの羽の跡がしっかりと残るくらいになったらハンドミキサーを止め、粉類(薄力粉、ココア)をふるい入れる。

3.

ゴムべらで粉っぽさがなくなるまでさっくりと混ぜ合わせたら、溶かしバターも加え、同様に合わせる。

4.

オーブンシートを敷いた丸型に「3」の生地を流し、表面を平らにしたら180℃のオーブンで約25分焼く。焼き上がったら型からはずしてあら熱をとり、オーブンシートをはがし、包丁で3等分(約1cm)する。


シロップを作る

1.

鍋に上白糖と水を入れて火にかけ、ひと煮立ちさせて上白糖が完全に溶けたらあら熱をとる。

2.

使う直前にグランマルニエ(お好みで)を加える。


チョコホイップクリームを作る

1.

生クリームを鍋に入れ、中火にかけ沸騰直前まで温めたら刻んだチョコレートを入れたボウルに入れてゴムべらで手早く混ぜ、チョコレートを溶かしてなめらかなクリーム状にする。

2.

「1」をハンドミキサーでホイップして全体に空気を抱き込ませるようにし、少し白っぽいなめらかな状態にする。

3.

冷蔵庫に入れて冷やしておく。


ケーキにクリームを塗る

1.

3等分したスポンジケーキの1枚を回転台の上にのせシロップをハケで塗ったら、冷やしておいたチョコホイップクリームをパレットナイフで少量塗り、もう1枚のスポンジケーキでサンドする。この作業を繰り返し、三段重ねにサンドしたら残りのクリームでケーキ全体を薄くカバーするように塗る。

2.

「1」を冷蔵庫に入れて冷やす。


グラッサージュショコラを作る

1.

鍋に水とグラニュー糖を入れる。中火にかけ、泡立て器でかき混ぜながらグラニュー糖を完全に溶かしたらココアを加え、手早く混ぜ合わせる。次に生クリームを加え、沸騰直前まで温める。

2.

刻んだチョコレートを入れたボウルに茶こしを通して「1」を流し入れ、ゴムべらで空気を混ぜ込まないように静かに混ぜ合わせ、なめらかなクリーム状になったらサラダオイルを加え、全体をムラなく合わせる。

3.

「2」のクリームを約30℃に冷ます。


仕上げ

1.

冷やしておいたケーキをケーキクーラーの上に置き、その下に受け皿になるようにバットを敷いたら表面にコーティングするようにグラッサージュショコラをまわしかけ、手早く厚さを均一にする。
※グラッサージュショコラは余るが、きれいにコーティングするためにはこのくらいの量が必要。残った分は冷蔵庫で約2週間は保存可能。

2.

再び冷蔵庫でグラッサージュショコラが固まるまで30分以上冷やす。

印刷する 閉じる