印刷する

チョコサンドビスケット

ミルクチョコレート
調理時間 60分(生地を休ませる、あら熱をとる時間はのぞく) 賞味期限 常温で約3〜4日
初級者 チョコサンドビスケット
このレシピのポイントはココ!

薄くのばした生地でチョコレートをサンドしてオーブンへ。シンプルですが、ビスケット生地とチョコレートのおいしさを存分に味わえるレシピです。大きく焼いて切り分け、友人や家族と一緒にティータイムを楽しむのもおすすめ!

材料

(直径約20cmのタルト型1枚分)

明治ミルクチョコレート:1枚(50g)
薄力粉:140g
塩:ひとつまみ
グラニュー糖:45g
明治北海道バター食塩不使用:160g
溶き卵:適量

道具

・スケール(はかり)
・包丁
・まな板
・ふるい
・スケッパー
・ラップ
・オーブン
・めん棒
・タルト型(直径約20cm)
・ハケ
・フォーク

作り方

下準備


チョコレートは細かく刻んでおく。
※バターは使う直前まで冷蔵庫でよく冷やしておく。


生地を作る

1.

作業台の上に薄力粉、グラニュー糖、塩をふるい落としたら全体をよく混ぜ合わせる。

2.

「1」にバターをまぶしながらスケッパーで細かく刻んでいく。

3.

バターが小豆粒くらいの大きさになったら、指の腹ですり合わせるようにして全体を粉チーズ程度のそぼろ状態にする。

4.

手のひらのつけ根に体重をかけるようにして生地を押さえながらひとまとめにする。

5.

生地がまとまったらラップにくるみ、冷蔵庫で2時間以上生地を休ませる。


ビスケットを焼く

1.

オーブンを200℃に予熱する。

2.

冷蔵庫で休ませた生地を取り出し2等分にしてそれぞれを型の大きさに合わせてめん棒でのばし、1枚を型の底にピッタリと敷き込む。

3.

端のほうを周囲2cmくらい残して、型に敷いた生地の上に細かく刻んだチョコレートを厚さを均一に薄く広げる。

4.

「3」の生地の周囲の部分に溶き卵をハケで塗り、もう1枚の生地をのせ、指の腹で生地同士を押しつけてピタリとくっつける。

5.

フォークの歯の部分で押さえて模様をつけ、中央の部分には空気穴をいくつかあける。

6.

200℃のオーブンで約1分、そのあと160℃に下げ全体で30〜35分焼く。

7.

あら熱がとれたら、型からはずし、好みの大きさに切る。

印刷する 閉じる