印刷する

チョコレートババロア

ミルクチョコレート
調理時間 50分(冷蔵庫で冷やし固める時間はのぞく) 賞味期限 冷蔵庫で約2日
初級者 チョコレートババロア
このレシピのポイントはココ!

夏はもちろん冬でも楽しめるひんやり系のチョコレートスイーツです。牛乳や卵、生クリーム、そしてチョコレートの風味がミックスし、リッチな味わいに。生クリームなどをトッピングするとさらにおいしい♪

材料

(直径6.5cmのグラス5個分)

明治ミルクチョコレート:1枚(50g)
明治おいしい牛乳:280cc
粉ゼラチン:8g
水:40cc
明治北海道十勝純乳脂45または生クリーム:250cc
卵黄:3個分
上白糖:15g

仕上げ
明治北海道十勝純乳脂45または生クリーム:100cc
上白糖:10g
チョコペン:適量
アラザン:適量

道具

・スケール(はかり)
・計量カップ
・包丁
・まな板
・ボウル
・泡立て器
・絞り袋
・好みの口金
・鍋
・木べら
・万能こし器
・ゴムべら
・グラス

作り方

下準備


チョコレートは細かく刻んでおく。


粉ゼラチンは分量の水でふやかしておく。


生クリーム(250cc)は泡立て器で六分立てにして、使う直前まで冷蔵庫に入れておく。


絞り袋に好みの口金をセットしておく。


ババロアを作る

1.

牛乳を鍋に入れ、沸騰直前まで温める。

2.

ボウルに卵黄と上白糖(15g)を入れ泡立て器でよくかき混ぜる。

3.

「1」の温めた牛乳の半量を「2」のボウルに入れ、泡立て器で手早く混ぜ、再び元の鍋に戻す。

4.

弱火にかけて、たえず鍋底をこするように木べらで混ぜながらとろみをつけていく。

5.

とろみがついたら(木べらですくうと厚みができ、指で線が描ける程度)火から下ろし、細かく刻んだチョコレートを加え、余熱で溶かしながら混ぜる。完全に溶けたらふやかした粉ゼラチンを加え混ぜ、万能こし器を通してこし、ボウルに移す。

6.

氷水を入れたボウルにあて、ゴムべらでかき混ぜながら冷やしていく。

7.

ゼラチンが固まりはじめ、全体にとろみがついたら氷水のボウルからはずす。泡立て器で六分立てにした生クリームを加え全体をムラなく合わせてグラスに流し入れ、冷蔵庫で2時間冷やし固める。


仕上げ

1.

生クリーム(100cc)と上白糖(10g)を泡立て器で八分立てにして好みの口金をセットした絞り袋に入れる。

2.

「1」のクリームを絞り、チョコペン、アラザンで飾る。

印刷する 閉じる