印刷する

マーブルレアチーズケーキ

ブラックチョコレート
調理時間 約60分(冷蔵庫で冷やし固める時間はのぞく) 賞味期限 冷蔵庫で約2〜3日
初級者 マーブルレアチーズケーキ
このレシピのポイントはココ!

チョコレート味とプレーンなチーズ味、ふたつの味わいが口の中でなめらかに溶け合います。きれいなマーブル模様にするコツは、あまり混ぜすぎないこと。2つの生地をナイフでサッと混ぜてどちらの色も残るようにしましょう。

材料

(直径18cmの丸型1台分)

明治ブラックチョコレート:35g
明治マクビティダイジェスティブビスケット:90g
明治北海道バター食塩不使用:40g
粉ゼラチン:7g
水:35cc
クリームチーズ:200g
上白糖:40g
レモン果汁:大さじ1と1/2
ブランデー(お好みで):大さじ1
明治ブルガリアヨーグルトLB81プレーン:40g
明治北海道十勝純乳脂45または生クリーム:120cc

道具

・スケール(はかり)
・計量カップ
・計量スプーン
・まな板
・包丁
・ボウル
・ゴムべら
・厚手のビニール袋
・めん棒
・泡立て器
・丸型(直径18cm)
・スプーン
・万能こし器
・ナイフ
・ふきん

作り方

下準備


チョコレートは細かく刻み、ボウルに入れ、約50〜55℃のお湯で湯せんにかけて溶かしておく。


明治マクビティビスケットは厚手のビニール袋に入れ、めん棒で粉状になるまで砕いておく。


バターは湯せんして溶かしておく。


粉ゼラチンは分量の水でふやかしておく。


クリームチーズは室温に戻してやわらかくしておく。


生クリームは泡立て器で六分立てにして、冷蔵庫に入れておく。


マーブルレアチーズケーキを作る

1.

溶かしたバターを入れたボウルに粉状に砕いた明治マクビティビスケットを入れ、全体をなじませたら型の底に敷き、スプーンの背で厚さが均一になるように押しつけて土台を作る。

2.

ボウルにやわらかくしたクリームチーズと上白糖を入れ、なめらかなクリーム状になるまで泡立て器でよく混ぜる。

3.

さらにレモン果汁、ブランデー(お好みで)、ヨーグルトの順に加え、その都度よく生地がなじむようにかき混ぜる。

4.

ふやかした粉ゼラチンのボウルに「3」の生地を大さじ3加えて湯せんにかけ、ゼラチンを溶かす。

5.

ゼラチンが完全に溶けたら元のボウルに戻し手早く全体を混ぜ合わせ、万能こし器を通して裏ごしする。

6.

六分立てにした生クリームを加え、ゴムべらで混ぜ合わせる。

7.

できあがった「6」の生地の半量弱を別のボウルに入れ、溶かしたチョコレートを加え手早く混ぜ合わせる。
※ゼラチンが効きはじめて生地が固くなってしまっていたら、生地のボウルを湯せんにかけ、泡立て器でかき混ぜてやわらかくする。湯せんにかけすぎると、生地がどろどろになり口当たりの固いレアチーズになるので気をつけること。

8.

型に2つの生地を交互に入れ、最後にマーブル模様になるようにナイフの刃を使って模様をつけ、冷蔵庫で約2時間冷やし固める。

9.

型を熱いふきんなどで温めて、型からはずす。

印刷する 閉じる