初級者

フラワーマフィンのレシピ

フラワーマフィン

印刷する
フラワーマフィン

調理時間

50分(あら熱をとる、冷蔵庫で冷やし固める時間はのぞく)

賞味期限

冷蔵庫で約2日

このレシピのポイントはこココ!

シンプルなマフィンもちょっとデコレーションすればスペシャルなスイーツに変身!溶かしたチョコレートをコルネで絞り出してフラワー型の飾りを作りましょう。絞り出すときは、一気に出そうとせず、ゆっくりていねいに行うことが大切です。

使用するチョコレート

  • ブラックチョコレート
  • ホワイトチョコレート

材料(直径4cmマフィン型各15〜16個分)

  • プレーンマフィン

  • 明治北海道バター食塩不使用:120g
  • 塩:小さじ1/8
  • 上白糖:120g
  • 卵:1個
  • 卵黄:1個分
  • 薄力粉:200g
  • ベーキングパウダー:小さじ1と1/2
  • 明治おいしい牛乳:50cc
  • 明治ブルガリアヨーグルトLB81プレーン:30g
  • ※バターは明治ケーキマーガリンでも代用できます。
  • ココアマフィン

  • ピュアココア:25g
  • 明治北海道バター食塩不使用:120g
  • 塩:小さじ1/8
  • 上白糖:120g
  • 卵:1個
  • 卵黄:1個分
  • 薄力粉:200g
  • ベーキングパウダー:小さじ1と1/2
  • 明治おいしい牛乳:50cc
  • 明治ブルガリアヨーグルトLB81プレーン:30g
  • 飾り用

  • 明治ホワイトチョコレート:2枚(80g)
  • 明治ブラックチョコレート:1枚(50g)
  • 明治ポイフル:適量

道具:

  • スケール(はかり)
  • 計量カップ
  • 計量スプーン
  • 包丁
  • まな板
  • ボウル
  • ゴムべら
  • オーブン
  • オーブンシート
  • 泡立て器
  • ふるい
  • マフィン型(直径4cm)
  • マフィンカップ
作り方 基本のテクニック

※プレーンもココアも作り方は同じです。

 

下準備

 

チョコレートはそれぞれ細かく刻んでおく。

チョコの刻み方

粉類(薄力粉ベーキングパウダー(ココアの場合はココアも))は合わせてふるっておく。

 

牛乳とヨーグルトは混ぜ合わせておく。

 

バターは室温に戻してやわらかくしておく。

 

卵と卵黄は合わせて溶きほぐしておく。

 

オーブンは180℃に予熱しておく。

 

オーブンシートコルネを作っておく。

デコレーション

マフィン型にマフィンカップをセットしておく。

 

マフィンを作る

 

1.やわらかくしたバターと塩、上白糖ボウルに入れ、泡立て器で白っぽくなるまでしっかりと混ぜる。

 

2.「1」のボウルに溶きほぐした卵と卵黄を3〜4回に分けて加え、その都度しっかりとなじむまでかき混ぜる。

 

3.粉類の半量に、混ぜ合わせた牛乳とヨーグルトを半量加え、ゴムべらで粉っぽさがなくなるまで混ぜ合わせる。残りの粉と牛乳とヨーグルトも、同じように混ぜ合わせる。

 

4.生地を型に均等に流し入れ、180℃のオーブンで約25分焼く。焼き上がったら型からはずしあら熱をとっておく。

 

仕上げ

 

1.細かく刻んだチョコレートをボウルに入れ、約50〜55℃のお湯で湯せんにかけて溶かす。

湯せん

2.溶かしたチョコレートをオーブンシートで作ったコルネに詰め、広げたオーブンシートの上に花の形に絞り出す。花の中央に半分にカットした明治ポイフルをのせ、冷蔵庫で約30分冷やし固める。

 

3.冷やし固まったら残りのチョコレートをのり代わりに使い、マフィンのトップに飾る。

 
117ページトップ