中級者

4種のチョコレートタルトのレシピ

4種のチョコレートタルト

印刷する
4種のチョコレートタルト

調理時間

90分(生地を休ませる、あら熱をとる、冷蔵庫で冷やす時間はのぞく)

賞味期限

冷蔵庫で約3日

このレシピのポイントはこココ!

ミニサイズのタルトレット型にさまざまな味わいのガナッシュを流して、冷やし固めました。彩りも鮮やかな4種のタルト。一緒に箱へ詰めてギフトにすれば、そのカラフルなできばえに、もらう人の驚く顔が見られそう。

使用するチョコレート

  • ミルクチョコレート
  • ブラックチョコレート
  • ホワイトチョコレート
  • ハイミルクチョコレート

材料(直径6cmのタルトレット型16個分)

  • タルト生地

  • 明治北海道バター食塩不使用:95g
  • 粉糖:35g
  • 卵黄:2個分
  • 薄力粉:160g
  • 打ち粉用の強力粉(なければ薄力粉):適量
  • フィリング(4種類のチョコレートでそれぞれ作る)(各4個分)

  • 明治ミルクチョコレート:1枚(50g)
  • 明治ブラックチョコレート:1枚(50g)
  • 明治ホワイトチョコレート:1枚(40g)
  • 明治ハイミルクチョコレート:1枚(50g)
  • 明治北海道十勝純乳脂45(生クリーム):190cc(各50cc、ホワイトのみ40cc)
  • 明治北海道バター食塩不使用:20g(各5g)
  • 飾り用

  • お好みのフルーツ(キウイ・オレンジ・ブルーベリーなど):各適量
  • ミント(お好みで):適量

道具:

  • スケール(はかり)
  • 計量カップ
  • 包丁
  • まな板
  • オーブン
  • ボウル
  • 泡立て器
  • ふるい
  • ゴムべら
  • ラップ
  • めん棒
  • タルトレット型(直径6cm)
  • オーブンシート
  • 重石(またはフォーク)
  • 小鍋
  • 木べら
作り方 基本のテクニック

下準備

 

フィリング用のチョコレートはそれぞれ細かく刻んでおく。

チョコの刻み方

バターは室温に戻してやわらかくしておく。

 

オーブンは180℃に予熱しておく。

 

タルト生地を作る

 

1.ボウルにやわらかくしたバター粉糖を入れ、白っぽくなるまで泡立て器でしっかり混ぜる。

 

2.卵黄を1個ずつ加えその都度よく混ぜ合わせる。薄力粉ふるい入れ、ゴムべらで粉っぽさがなくなるまで混ぜ合わせる。

 

3.ひとまとめにしたらラップにくるみ、冷蔵庫で2時間以上生地を休ませる。

 

4.作業台の上に強力粉(なければ薄力粉)で打ち粉をして、めん棒で生地を厚さ2〜3mmにのばしてタルトレット型に合せてカットし、それぞれタルトレット型に敷き込み余分な生地は切り落とす。

 

5.型に敷き込んだタルト生地の上にオーブンシートを敷き、その上に重石をのせ180℃のオーブンで約10分焼く。重石とシートを取りさらに約5分焼き、全体がきれいなキツネ色になったらオーブンから出し、型のままあら熱をとっておく。
重石がない場合は、生地の表面にフォークで穴をあけ、オーブンで10分間焼く。

 

フィリング(4種類のチョコレートでそれぞれ作る)

 

1.細かく刻んだそれぞれのチョコレートと生クリームとバターを一緒に小鍋に入れる。

 

2.小鍋を弱火にかけてたえず木べらでかき混ぜながらチョコレートを溶かしてガナッシュ状にする。

 

仕上げ

 

1.から焼きしたタルトの中にフィリングを流し入れ冷蔵庫で30分以上冷やす。

 

2.型からはずし、フルーツを飾る。

 
170ページトップ