初級者

ホワイトチョコレートとラズベリーのチーズケーキのレシピ

ホワイトチョコレートとラズベリーのチーズケーキ

印刷する
ホワイトチョコレートとラズベリーのチーズケーキ

調理時間

120分(あら熱をとる、冷蔵庫で冷やす時間はのぞく)

賞味期限

冷蔵庫で約2〜3日

このレシピのポイントはこココ!

カットすると切り口から鮮やかな色のラズベリーがお目見え。ホワイトチョコレートの甘みにラズベリーの酸味が加わり、全体の味をキリッと引きしめます。低温のオーブンでゆっくりと焼き上げましょう。

使用するチョコレート

  • ホワイトチョコレート

材料(直径18cm丸型1台分)

  • 土台

  • 明治マクビティダイジェスティブビスケット:80g
  • 明治北海道バター食塩不使用:40g
  • フィリング

  • 明治ホワイトチョコレート:4枚(160g)
  • クリームチーズ:400g
  • サワークリーム:180g
  • 上白糖:15g
  • 卵:2個
  • 卵黄:1個分
  • ラズベリーブランデー(お好みで):大さじ2
  • コーンスターチ:大さじ2
  • ラズベリー:120g
  • 粉糖:適量
  • 型用の明治北海道バター食塩不使用:適量

道具:

  • スケール(はかり)
  • 計量スプーン
  • 包丁
  • まな板
  • ボウル
  • ゴムべら
  • ビニール袋
  • めん棒
  • 丸型(直径18cm)
  • オーブン
  • 木べら
  • 泡立て器
  • 万能こし器
  • 茶こし
作り方 基本のテクニック

下準備

 

チョコレートは細かく刻み、ボウルに入れ、約50〜55℃のお湯で湯せんにかけて溶かしておく。

チョコの刻み方 湯せん

明治マクビティビスケットはビニール袋に入れ、めん棒などで細かく砕いておく。

 

バター湯せんして溶かしておく。

 

クリームチーズは室温に戻してやわらかくしておく。

 

卵と卵黄は溶きほぐしておく。

 

型用に用意したバターを室温に戻してやわらかくし、型に薄く塗っておく。

 

オーブンは120℃に予熱しておく。

 

土台を作る

 

1.細かく砕いた明治マクビティビスケットを溶かしたバターを入れたボウルに加え、ゴムべらでよく混ぜ合わせたら、型の底に厚さが均一になるように敷き詰め、冷蔵庫に入れておく。

 

フィリングを作る

 

1.ボウルにやわらかくしたクリームチーズ上白糖を入れ練り混ぜる。クリーム状になったら、サワークリームを加え混ぜ合わせる。
※生地が固いうちは木べらで混ぜ、生地がやわらかくなってきたら泡立て器を使うと楽。

 

2.溶きほぐした卵と卵黄を5〜6回に分けて「1」のボウルに加え、その都度泡立て器で混ぜ合わせ、最後にラズベリーブランデー(お好みで)を加える。

 

3.溶かしたチョコレートを加えて、よく混ぜる。さらにコーンスターチを加えて混ぜ、万能こし器を通してこす。

 

4.土台を敷いた型の底にラズベリーを並べる(飾り用に少しとっておく)。その上から「3」のフィリング生地を流し入れ、120℃のオーブンで約90分焼く。

 

5.あら熱をとり、冷蔵庫で1時間以上冷やしたら、型から抜き、表面に粉糖茶こしふるい、ラズベリーを飾る。

 
063ページトップ