• おすすめ特集
  • かわいくラッピング
  • パーティーアレンジ
  • 手作りの基本テクニック
  • レシピ用語集
  • よくある質問

手作りの基本テクニック

湯せん

お湯の温度を上げすぎないこと

チョコレートを湯せんするときは、絶対に沸騰したお湯でしてはいけません。チョコレートに熱が入りすぎ、風味がとんでしまいます。約50〜55℃のお湯を使いましょう。また、チョコレートを入れるボウルは、水気、油分などのついていないきれいなボウルを使いましょう。ボウルに水が残っていたり、湯せんの途中でボウルに水が入ると、ほかの材料を加えたときに分離したり、チョコレートを固めるときにムラになったりします。

※ここにあげたやり方は、基本的な方法です。レシピによって多少違ってきますので、レシピのやり方を優先してください。

材料

  • 明治ミルクチョコレート

道具

  • 大小のボウル、ゴムべら

作り方

よく刻んだチョコレートをボウルに入れ、約50〜55℃のお湯を入れたボウルで湯せんします。チョコレートにまんべんなく熱が通るように大きくかき混ぜます。このときにボウルにお湯が入らないように注意しましょう。

チョコレートがすべて溶けてなめらかになったら湯せんのボウルをはずします。あまり長い時間湯せんにかけて熱を通しすぎないように。

POINT:
ゴムべらを持ち上げてチョコレートをたらすようにすると、ダマが残っていないかどうかがよくわかります。

手作りの基本テクニック

このページのトップへ
このページの最下部へ